drum!drum!drum!

音楽とドラムについてひたすら研究!! 譜面と動画もアップしてます~~。

6 stroke rollです。

基本的な6stroke rollは
20070310232437.gif


ですが、今回は6連でやりました。

6連にすると、パラディドルディドルのアクセントを移動したものと
同じですね。

で、単純ですが、ダブルの右手の方をバスドラに変換します。

20070310232756.gif


これが結構かっこいい。アクセントをタムに移動してもいいかも
しれませんが、スネアとバスドラだけのほうがかっこいいと思います。



これをもとにしてフレーズを展開できそうですね。
関連記事

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/11(日) 21:16:43 | | #[ 編集]
始めまして。いつも楽しく拝見させていただき、練習の参考にしております。
月に一度、キャパ60席ほどの小さなライブスポットに出演して、主に70年代のフォーク、歌謡曲を演奏しております。一様ドラム以外の楽器はPAを通してフロントから音を出しているのですが、いつもドラムの音が大きすぎると音響スタッフから言われます。当然全体のバランスを考えての意見だと思いますが、ステージの感じではまあまあバランスが取れていると思いますし、いつもいわれるので自分でも相当気をつけているつもりなのですが。やはりテクニック不足なのでしょうか。スティック等の工夫も必要でしょうか。このままでは気になって自分自身も楽しめません。アドバイスよろしくお願い致します。
2007/03/14(水) 09:55:25 | ドラムすこ | #-[ 編集]
ドラムすこさん
こんにちは。悩んでらっしゃいますね…。
PAの人に音が大きいと言われてしまうんですね?
実際に聴いてみないとわからない問題ですが。。
ステージのバランスと客席側からのバランスは違うので、回りの意見を聞きながら調整していくことになると思います。
そのお店の、部屋全体の響き具合にもよると思いますし。
録音して聞いてみたりしていますか?

あと、テクニック的な話で言うと、音はタイミングが合うと打ち消しあうので、ある程度音量が出ていてもうるさく聞こえない、ということもあります。
逆に言うと、音が小さくても周りとタイミングがずれてしまうとなんだかうるさく感じる、ということになってしまいます。

アンプから直で出してるのではなく、PAさんがいるんでしたら、ドラムはわりと音量気にしなくていいはずなんですけどね。
ピアノとウッドベース(ピックアップなしの生音)とドラムのトリオなんかで完全アコースティックでやる羽目になると、相当気を使います。自分の腕だけが頼りです。
2007/03/14(水) 12:56:18 | kou | #W/xj3oFY[ 編集]
アドバイスありがとうございます。PAサイドは小屋の営業方針等やハウリングポイントの問題があり、音量があまり上げられないという事情もあると思います。基本的にはバックビートと多少のオカズ等を打点までの距離を短くするなどの対応を取りたいと考えております。HOT RODSなどを使おうかと思いましたがクローズドリムショットや音質の問題等あまり使う気になりません。ドラムの素材を活かし、いかによく鳴らすかを考えて練習しているだけに、こういうことには大いに悩んでしまいます。また、アドバイスをよろしくお願い致します。
2007/03/14(水) 17:42:45 | ドラムすこ | #-[ 編集]
ドラムすこさんへ
ドラムは大きい音が出て当たり前の楽器だから、音が大きいと言われるとストレスになってしまいますよね。
ホットロッズが駄目なら、タオルミュートなどはいかがでしょうか。かなりデッドになりますが音量が落ちる割にストロークするうえでの気遣いは軽減されるかも。
あとはスティックをすごく短く持つことで鳴りを抑える方法もありますね。ジャズマンがよく使います。
参考になれば幸いです。
2007/03/15(木) 00:57:28 | kou | #W/xj3oFY[ 編集]
6ストロークロールの練習
こんにちは。
先生のHPを基礎のお手本としております。勝手ですか・・。
6ストロークロールは先生が記載してある通り、インサイド5ストロークロールが基本的ですが、僕の場合、6連系のニュアンスと混同してしまいます。
6ストークロールと6連系のニュアンスを区別する練習でなにかいい方法はありませんでしょうか。
2012/07/17(火) 22:14:09 | かぴ | #mQop/nM.[ 編集]
Re: 6ストロークロールの練習
こんにちは。
どんなルーディメンツにもあてはまることですが、
基本形がわかったら、並べ替えて練習することをオススメします。
6stロールは R llrr L ですが、
これを R L rrll としてみたり…。
ダブルの部分は通常32分音符ですが、6連と混同してしまうようなら、
とにかくゆっくり練習するのが一番です。

ちなみにこのルーディメンツはスピードがあがると6連扱いにしてしまったほうが
気持ちいいですよね(笑)

また、コメントをいただいたおかげで、この記事の動画がなくなっていることに気づきました。
再アップしました。


2012/07/18(水) 22:23:48 | kou-crispy | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://drumdrumdrum.blog49.fc2.com/tb.php/76-3aead4b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック