drum!drum!drum!

音楽とドラムについてひたすら研究!! 譜面と動画もアップしてます~~。

ぷーすけさんのコメントにより、バスドラの奏法を研究したいと思います。

ダブルで「ドドッ」と踏む場合、僕の場合は大抵「アップ⇒ダウン」の
順番に踏みます。

まずは、アップとダウンを交互に、ズムーズに踏む練習をする必要が
あると思います。

まずはアップ。
かかとをつけた状態からつま先の方を動かして踏みます。
そのままビーターが打面に当たるタイミングに合わせて、
かかとをあげていきます。
するとビーターが戻って、ダウンの準備の状態になります。

ダウンはかかとが上がった状態から、
普通に踏み込んでいき、今度はビーターに当たるタイミングでかかとを
おろして、つま先側のチカラを抜いてビーターを戻します。
するとまたアップの手前の状態に戻るわけです。

言葉で説明するのも大変なので、動画でどうぞ。

超ゆっくりやってみました。
今度は徐々にスピードをつけていきます。


こんな風に動きに慣れていくと、ダブルとして2発踏むのはわりと
出来るんではないかと思うんですが…。
ただ、テンポがあがってくると、アップの時にかかとをつけた状態から
スタートするのではなく、かかとを浮かせた状態からやったほうが
動きがコンパクトで済みます。


あとはビートやフレーズの中で、手足のコンビネーションとして応用させるんですが、このときに手とのバランスが難しかったりするんですよね……。
関連記事

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

コメント
この記事へのコメント
僕はダウン⇒アップ派です。

よく「アップ→ダウンを高速にするとミドルテンポくらいならツーバスいらない」と聞きますが、ダウン→アップでも鍛えればいけるのでしょうか?
殆んどのサイトはアップ→ダウンの高速化を推奨していてダウン→アップはあまり取り上げられていないんですよね・・・不安です・・・
2007/01/25(木) 17:28:34 | satoru | #-[ 編集]
satoruさん、こんにちは。

「アップ→ダウンを高速にするとミドルテンポくらいならツーバスいらない」ですか…。
ツーバスにはツーバスの音圧があるのでワンバスではどうしてもかなわないと思います。。。
アップダウンをやるのは、単に僕がそれになれてしまっているからです。ただ、ダウンのときに着地感があるので、2打目が拍の裏に来る場合は慣れが必要です。
ダウンアップの場合、1打目で着地感が来るので、拍のアタマからダブルをやる場合は適していると思います。
ツーバスでやるようなドコドコパターンを片足でやるなら、ダウンからスタートしたほうがいいですね。これも拍のアタマがダウンのほうが拍を取りやすいためです。手と一緒ですね。
ツーバスでダブルストロークをやるすごい人たちは、ダウンからスタートしている人も多いですよ。
2007/01/25(木) 18:09:13 | kou | #W/xj3oFY[ 編集]
kouさん、どうもありがとうございます!!
これを励みに練習してマスターしてみせます(^^♪
2007/01/25(木) 23:34:51 | ぷーすけ | #-[ 編集]
なるほど、着地感・・・言われてみれば納得です。ありがとうございますm(_ _)m
このブログはそこらの安い教則本を買うより理解しやすいです♪(動画が親切です!!)
もっと早くから辿りついていればよかった・・・orz
2007/01/26(金) 00:13:15 | satoru | #-[ 編集]
ぷーすけさん、どうもです。
お役に立てたらうれしいです。
ぜひマスターして、その時は報告してくださいね!
僕にわかることであればまた質問してくれれば記事にします。
2007/01/26(金) 00:40:38 | kou | #W/xj3oFY[ 編集]
satoruさん。

ダウンからスタートするドコドコパターンの動画を今度記事ししますので参考にしてください。

足のダブルの場合、アップでもダウンでも感覚として着地感を得られるならばどちらからスタートしても良いのではないかと思いますよ。僕の場合ダウンのほうがラクに感じられるだけです。

ブログについてお褒め頂き光栄です!!
反響があると頑張りたくなっちゃいますね~。
またちょくちょく覗いてくださいね!
2007/01/26(金) 00:51:50 | kou | #W/xj3oFY[ 編集]
質問です
いつも拝見させて頂いてます。バスドラのダブルですが、日々試行錯誤です。どうもこの動画のようにいかない、いかないと検証した結果、一発目のビーターの動きにありました。私は現在、アップ→ダウンとかかとをひねるスライドを練習中なのですが、アップ→ダウンの時、この動画ではまず一発目を踏む前に、ビーターが中立の位置にいますよね。ところが、私のドラムの先生は、バスドラのビーターは常にピタッとバスドラにくっついているように軽く踏んでいるように、と教えています。そのため、ダブルの一発目を踏むときは、余計にビーターを戻す必要があります。

kouさんは、バスドラを使ってないときは、ビーターの位置はどこにありますか?

初歩的な質問ですみません。・・内容はお分かりになったでしょうか?このサイトは、ものすごく役立ちます。これからもよろしくお願いします。
2007/11/13(火) 20:43:28 | きこり | #-[ 編集]
きこりさん
こんにちは。
基本的には、足をただ置いてる状態です。なので、ビーターはバスドラにくっついてはいません。

3番目の動画をごらんいただければわかるかと。

この動画ではすべてオープン奏法で踏んでいるのでこのようになります。きこりさんはすべてクローズで練習してらっしゃるのですか?

ただ、バスドラにくっついている状態からでも、ダブルは可能です。きこりさんの先生のおっしゃるやりかたでもOKではないかと思います。しかし、一発目のまえにビーターの角度を稼ぐのは大変かもしれませんね。

前後にスライドさせる方法ではビーターが最後にくっついてしまいがちですよね。それはそれでアリだろうと思います。それで速いダブルを連続させる事もできます。
かかとをひねる方法…これは3番目の動画の後半がそうなっています。
横アングルなのでわかりづらいですが確認してみてください。

あと、実はペダル操作を楽にするポイントが、この動画に一つ隠されています。良くみればわかりますよ~~。

2007/11/13(火) 22:38:24 | kou | #W/xj3oFY[ 編集]
分からんです!!
何回も何回も何回も動画を見ましたが「ペダル操作を楽にするポイント」ってのが分かんないです。教えてほしいです。

あと、ペダルのセッティング(ビーターの角度・バネの強さ・ペダルの角度などなど)で注意したほうがよい点とかありますか?
2007/11/19(月) 16:45:07 | きこり | #-[ 編集]
きこりさん
ヒント。
最後の動画ですと、スネアスタンドが邪魔をしてわかりづらいです。


ペダルのセッティングですが、ご自分の好みでいいんじゃないでしょうか?「これ!」というものはないと思います。みんなそれぞれですね。自分ではわりと標準と思っているんですが、人に踏ませるときつく感じたり、緩く感じたりってありますし…。
2007/11/27(火) 02:04:44 | kou | #W/xj3oFY[ 編集]
どうも初めまして
ダウンからスタート派です。
拍のアタマをダウンと決めてたほうが、
シングルストロークやツインペダルでも、ややこしくならなくて良いからです。
2008/08/01(金) 18:09:34 | | #mQop/nM.[ 編集]
「俺」さん
初めまして。

確かにダウンがアタマと決めていたほうがややこしくないですね。

僕の場合は「着地感」の観点からアップスタートが定着しています。

お互い頑張りましょう!!
2008/08/03(日) 16:32:39 | kou | #W/xj3oFY[ 編集]
http://www.youtube.com/watch?v=qkAMAg7w6Zk&feature=related&fmt=18
すみません、質問があります。
この動画で紹介されているバスドラの奏法は、ダウンアップでしょうか?

2009/08/19(水) 15:19:01 | 2ビート | #ELD9pjOg[ 編集]
2ビートさん
Jojo Mayerですね。

そうです、これはダウンアップですね。



> http://www.youtube.com/watch?v=qkAMAg7w6Zk&feature=related&fmt=18
> すみません、質問があります。
> この動画で紹介されているバスドラの奏法は、ダウンアップでしょうか?
2009/08/19(水) 20:24:02 | kou-crispy | #-[ 編集]
質問があります。
私は、現在、アップダウンのダブルを練習しているのですが、早くなると、1発目を打ち込むときに、自然に、右足のかかとが内側(スネアスタンド側)のほうに入り、2発目を打ち込むときに、ペダルボードの左半分の上に足がくるのですが、このようなくせ?で、これからも継続して練習していっていいのでしょうか?不安なので質問してみました。また、スライド奏法は、教本なんかで見ると、完全にふっとボード上を、前後しながら打ち込んでいるのを見ますが、かかとをひねりながらのスライド奏法も、スライド奏法のひとつなのですか?私は、とにかく早いダブルを習得したいのですが、どちらのスライド奏法を、習得した方がよろしいですか?ひとつご教示願います。
2009/09/13(日) 00:47:58 | 熊吉 | #-[ 編集]
Re: 質問があります。
熊吉さん

コメントありがとうございます。
熊吉さんの踏み方を実際に見てみないとはっきりとは申し上げられませんが、
今の踏み方で「速くなりそうな予感」があるのであれば、そのままの練習を継続しても問題ないとおもいます。
いわゆるスライド奏法といわれるものは、ボード上を前後する動きです。かかとをひねるような動きは
いわゆるスライド奏法とは区別されているようです。スピードを獲得するためにはどちらの動きでも構わないはずです。
スライドによって前後することによって、足が「上下」する動きを省略してスピードアップ。
かかとをひねることによって前後や上下動を省略しようとする奏法…。自分にとって気持ちいいとおもわれるものでいいはずです。

ちなみに僕はどの奏法もできます。覚えたてのころは、とにかく速く「ドド」っと踏みたかったのと足首がまったく動かなかったので、完全にスライドでした(スライドは足首をつかわないですみます)。その感覚が残っているので、最高に速いときはスライド気味になります。ただ、スライドはスピードが相当速いとき以外は使いづらいので、アップダウンやかかとをひねる動き等、テンポがおそめのときは使い分けています。もちろん無意識的にそうなってしまっていますが…。
2009/09/14(月) 00:02:20 | kou-crispy | #-[ 編集]
回答ありがとうございます。
回答ありがとうございました。
参考になりました。
また、質問があります。質問ばっかりですいません。
ダブルの練習ですが、スライドとアップダウンの二つを習得しようと思うのですが、どちらから練習したほうがよろしいですか?優先順位はありますか?あと、スライドのダブルの画像アップは予定していませんか?
できれば、先生のスライド奏法も見て参考にしたいのですが
2009/09/29(火) 15:22:47 | 熊吉 | #-[ 編集]
Re: 回答ありがとうございます。
熊吉さん

またまたコメントをどうもです。
スライドとアップダウン…どちらかというとアップダウンのほうが使用頻度が高いとおもうので、
アップダウンをオススメします。
アップダウンの状態でどこまで高速化できるか…にチャレンジしていくとよいのではとおもいます。
限界が来た時点でスライド…でしょうか。
スライドは本当に「蹴る」ような動作でいっぺんに2度鳴らす感じです。
ので結構なスピードになります。
しかし前に言ったようにテンポがそれほど速くないときは逆に使えないので…。

機会を見つけて撮影してみますね。
2009/09/29(火) 22:46:48 | kou-crispy | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://drumdrumdrum.blog49.fc2.com/tb.php/63-ffc17dd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック