drum!drum!drum!

音楽とドラムについてひたすら研究!! 譜面と動画もアップしてます~~。

前回のスイスアーミーの応用例をアップしようと思っていたんだけど、
動画を撮る時間が取れなかった…。

もうちょっと待っててね(誰も待ってないか…)。


というわけで、今日はドラムの練習について。


実はここんとこ、練習らしい練習ってあまりしていない気がします。

練習って、やっぱり毎日コツコツ、が一番でしょう、
と思うんだけど、ドラムの場合はスティック握って毎日コツコツ、
っていう練習方法が、必ずしも当てはまらないこともあるような気もしています。

かのポンタさんは練習しないと言ってますが、
それを以前記事で読んで「うそ~ん」と最初は思っていた僕も、
最近はなんとなくその意味を理解し始めましたわ。

練習って「あのフレーズが叩きたい!!」
っていう目的でやるのと
「もっと自由に叩けるようになりたい!!」
っていう目的でやるのとでは全然違うと思うし、
譜面に書いてある音符をただ譜面どおりに叩くのと、
「もっとウキウキした感じで」とか、
「もっとマッタリとした感じで」とか、
譜面で書けない感じを表現することはすごくむずかしく、
そして大事な事だと思うわけです。

でもそういうことを果たして「コツコツと練習」することによって
成し遂げられるのかどうか…。



……これって練習しない言い訳?


まあまあ。

でも実際、練習と一口に言っても、スティック握るだけが練習じゃないことは確か。

スティック握ってフレーズやパターンの練習をすると、
本番ではその練習したフレーズやパターンしか出てこない。
確かに上手く叩けてる気はするんだけど、代わりに自由に開放されていないジレンマがある。

だからもっと上手くなりたいと願って、練習しちゃうんだなぁ。

んでまた繰り返し。



しかしホントに自由になりたいと思ったら、一度スティックを
握って練習するのをやめるのも手なのかも、と思うのです。



みなさまの考えはいかに?




関連記事

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

コメント
この記事へのコメント
練習のジレンマ
某セッションの鬼/Pさん~つながりから飛んできました。(^^v
いや~ここ素晴らしいですね。
練習不足解消できてます。ありがとうございます。

僕はKOUさんほど、全くドラム叩けませんが、最近考えてしまうのは「上手いの必要性」です。
今までは、盲目的に上手いほうがいいと思っていたんですが、今年の前半にアメリカツアーに行き、あまりにも広い層のアメリカンドラマーを見て思ったことは「あ、音楽やるためのドラムだったじゃん。確か。」だったんです。はははは。もう超原点ですよね。でも、いつしか僕はドラマーになっていて、ドラム目線になってんなぁと思ったんです。でも、これって客観的にポップスファンとして見ると、あんましカッコよろしくない気がしまして、自らを振り返っている最中なのです。

え~と、つまり・・・上手いも下手も同一線上の選択肢に過ぎないという感じですね。
上手いヤツがゴロゴロいる環境でミュージシャン見てると、上手い事が、それほどありがたくも驚異でもなくなって麻痺してきてしまって、それよりも印象に残るドラマーのほうが見たくなってくるんですね。つまり個性の重要さをヒシヒシと感じたわけです。

オレって、何を伝えたいんだろう・・・結局・・・のところが、意外に曖昧だったなぁと反省の日々です。
2007/05/24(木) 16:29:41 | ドッチィD3 | #SFo5/nok[ 編集]
ドッチィD3さん
どうもお久しぶりです。

「音楽やるためのドラム」というのは、当たり前のようで忘れてしまう人も多いと思いますよ。やりたい音楽があって、その手段としてたまたま自分はスティックを握っていたわけで。
セッションに幾度となく顔を出していると、いかに今まで培ってきたテクニックが必要ないかがわかります。
しかし練習不足や知識不足を痛感する瞬間もあります。

印象に残るドラムという言い方、良くわかります。僕も上手いだけのドラマーは好きではありません。実際僕が好きなドラマーはテクニック的には大した事無かったりしますし。
結局テクニック以外のところでその人がなにをもっているか、ということだと思います。
2007/05/24(木) 17:32:33 | kou | #W/xj3oFY[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/07/18(水) 17:41:29 | | #[ 編集]
はじめまし!
このところ、個人的なスネア熱がふつふつと沸いてまして、こちらのサイトを発見し、隅々まで勉強させていただいている者です。

テクニカル面でうまいのは害は無いですが、やっぱりノリやアンサンブルに溶け込めるかというセンスと度胸がきっと記憶に残るプレイなのかなと思いました。

あ、私はドラマーではなく、某アマチュアオケを趣味でやっています。なので、知名度も無ければ人気とも無縁。なので、演奏会のアンケートで何かコメントもらった時はなおさらうれしかったりします。

ジャンルは違ってもノリは同じなんだなと感じました。
2011/05/14(土) 14:17:23 | 大吟醸 | #-[ 編集]
Re: はじめまし!
はじめまして。
こんな古い記事にコメントしていただき、大変うれしく思います。

たしかにアンサンブルあってのドラムですよね。

目立つ必要なんてないんです。
バンドやオケでの合奏全体がすばらしいものであって、それに自分が貢献していれば、
万事OKなのではないかと。

よい一体感が得られれば、演奏者としてもとても快感ですしね。

今後も当ブログをよろしくお願いします♪
2011/05/15(日) 14:39:32 | kou-crispy | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://drumdrumdrum.blog49.fc2.com/tb.php/4-e6a35aaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック