drum!drum!drum!

音楽とドラムについてひたすら研究!! 譜面と動画もアップしてます~~。

6ストロークロール⇒R L RRLL

ですが、

パタフラフラ⇒ LR L R RL(L)

で、手の順番は同じです。

これも、「ダブルストロークのRRLLはフラムを2回やるのと同じ」という法則を使えるわけですね。

動画では2つのルーディメントを切り替えながらやっていますが、
腕の振り方が2つともそれほど変わらないことに注目。

リバウンドの調節をしているだけで、このように切り替えが可能になるわけですね。




ダブルストローク動画レッスン
値下げしました!!!
ダブルストローク動画レッスン


初めてのドラム
初めてのドラム


ドラムスクール開講中!
無料体験レッスンはこちら

関連記事

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

コメント
この記事へのコメント
いつも見ています。
いつも質の高いルーディメンツの動画をアップしていただきありがとうございます。
パタフラフラなど少し難易度の高いルーディンツはアクセントがセットでやってみるとまだうまくいきません。
セットでやってみると練習台では見えなかった反省が見えてきます。

慣れてきたダブルストロークやパラディドルの時、左足ゴーストモーションは四分で踏んでしまいがちですが、それ以外に右足や左足で同時に出来る効果的な練習やセットに応用しやすい方法などありますか?

よろしくお願いいたします。
2012/09/12(水) 07:11:23 | サイトウ | #-[ 編集]
Re: いつも見ています。
サイトウさん

コメントありがとうございます。
ルーディメンツがなれてきたら、足をキープしながら、いろいろなテンポ、音符(チェンジアップ、ダウン)、
またはアクセントをタムやシンバルに振り分けたりすることで、さらに手を自由に動かす練習をします。
さらに、特定のルーディメントをキープしながらバスドラでリーディングの譜面を読んだり、オスティナートパターンを足で作って手と組み合わせたりします。
またはルーディメントの手順の一部を、手の代わりに足でやってみよう、とか、基本形にはない部分にアクセントをいれてみよう、とか、アイデアはたくさん出てくると思います。
ルーディメンツはそれ自体は「あいうえお」のようなものですので、そこからどうやって言葉にしていくか、
あるいは会話としてなりたたせるか、などを考えていくとよいと思います。
がんばってください!
2012/09/13(木) 14:29:12 | kou-crispy | #-[ 編集]
いつも参考にしています。
初めまして、tomと申します。
度々このサイトのrudimentsを参考にしています。

突然の質問で失礼とは思うのですが、
プロのドラマーからの意見が頂きたくコメントしております。

その質問なのですが、
1,一番難しいrudimentsとはなんのでしょうか。

貴方の考える一番難しいrudimentsをお教え下さい。

このような質問をするのは失礼とも思うのですが、どうか宜しくお願いいたします。

失礼いたします。
2012/09/18(火) 21:20:44 | tom | #-[ 編集]
Re: いつも参考にしています。
tomさん、コメントありがとうございます。

一番むずかしいrudimentですか…。
むずかしい質問ですね。

hybrid rudiments のなかには、これでもかといわんばかりの難しいrudimentsがたくさんあり、
その中から選ぶ、というのも大変なくらいです。

でもよく考えると、もっとも難しいのはこれしかないですね。

single stroke rollです。

ドラムをはじめたときから練習していて、いまだに練習しているrudimentです。
完全に納得する、というところまでまだきていません。

単純なのに奥が深い…。

これしか考えられませんでした。

期待と違った答えだったらすみません。
2012/09/18(火) 23:25:26 | kou-crispy | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/04/06(土) 12:55:20 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://drumdrumdrum.blog49.fc2.com/tb.php/281-7328acd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック