drum!drum!drum!

音楽とドラムについてひたすら研究!! 譜面と動画もアップしてます~~。

本当に奏法というものはネットでの動画では説明するのが難しいですね。

ダブルストロークレッスン動画では、かなりのところまでつっこんで説明してますが、
ブログ上では限界がある気がします。

とはいえ、ドラムを演奏するにあたって大きく二つの方法があるということを無視して突っ走るわけにもいきませんね…。

昨今、モーラー奏法がやたらと取り沙汰されていますが、
モーラー奏法(モーラーシステム)というのはなにも最近の奏法ではないし、
べつに秘密にされていた奏法でもないんです。

モーラーを知らずにドラムを練習して、
自然とモーラー的な動きを習得してしまう人もいます。
完全に習得というのは難しいですが、それに近いことがいつの間にか出来てしまう、
ということが、モーラー奏法には起こり得ます。
それによって誤解が生じる可能性もありますが。。

対して、グラッドストーンはきっちり習わないと出来ないんですね。
ただ、非常にわかりやすくできているので、初心者が習得するにはちょうどいい。






最初の動画は3連のアタマのアクセントをグラッドストーンで。

右手のストロークはダウン、タップ、アップです。



構えをよく見てください。
まず、右手がハイポジションでスタンバイしています。
この位置でスタンバイしなければいけないということは、まず習わないとわかりませんね(笑)

そしてアップ。
3連の真ん中のタイミングで、ノーアクセントをヒットした直後、すぐにハイポジションに戻っている点に注意。
これも最初は練習しないと、ある程度経験がある人でも難しく感じられるのではないでしょうか。
また、アップはスティックの先っぽからあがるようにします。

ただ、このアップがきれいにできるようになると、見た目がとてもきれいになります。
マーチングでこの奏法が使われるのはこういうアップのタイミングがはっきりしていて、
見た目を揃えて演奏できるからなんですね。


つづいてモーラーシステムでの3連です。



このテンポでモーラーをやるとゆっくりすぎるため、動きをすこし抑えめにしています。

構えを見てください。
グラッドストーンと違い、ローポジションからスタンバイです。
そこからもち上げますが、グラッドストーンと違い、スティックの先端からではなく、
腕側から持ち上がります。

持ち上がった腕(ヒジに注意)、下がっていくことによってスティックの先端が上がっていきます。
動画ではゆっくりなので勢いが足りませんが、肘が下がることが勢いとなってスティックを振らせる、
という感じになります。

腕が上がっていく時はゆっくり、肘がさがって(同時に手は上がる)いくときは素早く。


要するに、この動画における
この二つの奏法の大きな違いは、
「ダウンとアップの処理の仕方」にあります。

この動画のポイントはほかにもあり、注意しないと変なストロークになってしまう可能性があります。

奏法を勉強する時は、動画を配信する僕がいうのもなんですが、
実際にレッスンを受けるのが確実だと思います。

関連記事

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://drumdrumdrum.blog49.fc2.com/tb.php/228-881b9de9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック