drum!drum!drum!

音楽とドラムについてひたすら研究!! 譜面と動画もアップしてます~~。

町田のレコーディングスタジオは非常によいところでした。

久しぶりにフルセットを組みました。

ドラムセット縮小


ラディッククラシックバーチ(現行モデル)
→ヴィンテージではないですが、非常によい音がします。
 やはりラディック。パキっとしたサウンドは他のメーカーにはないものですね。

スネアもラディック。
LM400といえばスネアの定番ですが、これはLM400Tという、
ラグがチューブタイプになっているもので、
LM400よりも明るめの音がでます。
Funk系をやるときはやはりこれかなと。

ハイハットは13インチのAジルジャンマスターサウンド。
ボトムのエッジが波打っているやつです。
これは立ち上がりが速く、Funk系のシャキシャキしたビートにはもってこいですね。

ライド…20インチKジルジャンカスタムダークライド。
これはジャズをやっていたころからの愛器です。
かれこれ10年以上はお世話になっています。
購入時の試奏で惚れ込み、即買いでした。
一言でいうと、「美しいサウンド」。
倍音豊かで、チップのコツコツした音も、サスティーンの低音もバランスよく鳴ってくれるし、
時折クラッシュしても派手に暴れてくれる。

クラッシュ類…イスタンブール16インチ、18インチ
ダーククラッシュです。
ダーク系が好きなんですよ。
これも倍音豊か。暴れん坊です。
購入時はKジルジャンカスタムダーククラッシュと迷いました。
が、イスタンブールのほうがサスティーンが長く、倍音がよく出て、暴れる感じがありました。
それにくらべてKジルは素直な感じがしました。

ちなみに14インチのAジルジャンのクラッシュも使いました。

サブハイハット…Kジル14インチ
これをサブにもってくるなんて…贅沢ですね。
あまり使用頻度はなかったですが、ドラムソロや、ある曲のパターンや、ブリッジ時で役に立ってくれました。

サブスネア…ヤマハ、ピーターアースキンモデル10インチ
これは非常にいいです!
これが要所要所でいい仕事をしてくれます。
カーンという高音が心地いい。

ペダル…DW5000のアクセラレーター。
昔の細いボードのやつですね。
やっぱりこれが踏みやすいです。
真円カムも用意してましたが、出番はありませんでした(笑)

ハイハットスタンド…ロジャース、スイボマチックハイハットスタンド!!
これが一番の自慢でしょうか(笑)
これがハイハットサウンドと自分のプレイのモチベーションを上げているのかもしれません。
足元はやっぱり大事ですね。
DWのペダルといい、足が信頼おけるものだとなんだか安心感が違います。


…とまあセット自慢?をしてしまいましたが…


レコーディングは当然ながらクリック(メトロノーム)を使用するんですが。
思ったよりもクリックが遅く感じたり(普段演奏しているテンポより遅かったりしたので)、
ノリを出すのに最初は苦労しました。

ですが、クリックは勝手に鳴っているもの

グルーヴに入ってしまうと、
クリックはアンサンブルに溶け込み始めるんです。

こうなると、クリックにあっているかどうかなんて、もう気にならない。

実際はあっていなかった箇所もあったかと思いますが、クリックを抜いたトラックを聞くと
非常に気持ちよくアンサンブルしているので、ナンも問題もないですね。

また、今回は大先輩方とのレコーディング、
非常に勉強になりました。

サウンド作りのアイディアがぽんぽんと出てきました。

見習うべきセンスと判断の早さ。
2日間で9曲収録という駆け足のレコーディングでしたが、
これも先輩方の経験のおかげですね。

明日はいよいよトラックダウン。



めずらしく個人的なブログ記事でした。


関連記事

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://drumdrumdrum.blog49.fc2.com/tb.php/206-4ae23b32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック