drum!drum!drum!

音楽とドラムについてひたすら研究!! 譜面と動画もアップしてます~~。

フラムが速くなると、「フラムフラム」という名前にかわるという話は
以前したような気がします。

速くなっても、シングルフラムが速くなっただけなので、どうということはないのですが…。

しかし、シングルフラムを練習するときに、
ダウンアップをそれぞれ「止めながら」練習していると、
テンポが上がってきたときに対応できません。

スピードがあがってもフラムがやりたい場合は、
よくハイハットを刻むときにやるようなダウンアップ、
つまり動きが「止まらない」タイプのダウンアップをやる必要があります。

あるいは、いわゆるカウンターモーションも使うことが出来ます。

動画ではカウンターモーションの予備練習をした後にフラムに当てはめています。

この動きは僕が見た中では
Steve Gaddが20年以上前のジルジャンデイでcrazy armyを演奏したときと、
Steve Smithがまだスキンヘッドではなかった頃に出していた教則ビデオの中でやっていた
セッションの中で実践されています。

スネアでやると「ザザザザザっ」というサウンドになって、なんとも言えないディレイ感が面白いです。
使う機会は非常に少ないと思いますが、
両手のバランスを鍛えるいい素材だと思います。



右手→アクセント時には指が開きます。スティックのリバウンドは打面の張力にまかせ、自分で引き上げる必要はありません。

左手→これもアクセントの際は指が開きます。

両手とも、肘の動きにも着目してくださいね(笑)


わからない方はレッスンに来てください。

レッスンに来られないかたは質問してください。
関連記事

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

コメント
この記事へのコメント
84年のガッド!
あのガッド様はキてますよね。
激しすぎます。

32分のクローズリムとか、記事のフラムとか、映像が残っている中ではこの時だけ、みたいなのもありますし。

そして右のクラッシュは頑なに叩かない!
ライドをクラッシュしまくる。

しかも、いつもの「とりあえずcrazy army」ではなく「〆のcrazy army」ってあたりが。

まずはお茶漬け食ってから〆にビールです。
グッと来ます。
2010/06/27(日) 22:12:26 | タカイ | #Lr6tztD6[ 編集]
Re: 84年のガッド!
タカイさん

こんにちは、コメントありがとうございます。
はて、知り合いのドラマーさんでタカイさんという方がいましたが…。

あのときのガッドはめずらしく髭がないんですよね。

スネアのチューニングがひどいんですよ。
でもガッドの音になってる。

あのフラムを聞いたとき、Steve Gaddというドラマーの奥深さというか、
得体の知れない感じというか…「まだまだ隠し持っているな」という印象を受けました。

彼のドラムは譜面にするとすごく綺麗なんですよね。
美しく5線紙に収まる。

あれだけ激しくてもきちんとしてるとこがまた余裕を感じられて、
おそろし~~~っとなります。
2010/06/27(日) 22:50:18 | kou-crispy | #-[ 編集]
ご無沙汰してます!
ごあいさつもせず、失礼しました。
おそらくそのタカイでございます。

いやーまさにおっしゃるとおりです。
あれだけケツ浮かせて、アタマ振っても、きっちりしてるんですよねぇ。
そしてザザザザフラムを繰り出す。

うーん、スティーヴ様素敵過ぎです。
2010/06/28(月) 00:11:42 | タカイ | #Lr6tztD6[ 編集]
Re: ご無沙汰してます!
おお、ご無沙汰ですねぇ。お元気ですか。

僕はこんな感じで相変わらずですよ。

近々活動中のユニットがついにアルバムを発表しますので、
よろしければ聞いてくださいな。

ガッドのようには叩きませんが、
おそらくガリバルディのように叩くかもです。
2010/06/28(月) 14:38:14 | kou-crispy | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://drumdrumdrum.blog49.fc2.com/tb.php/200-6e2ea4ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック