drum!drum!drum!

音楽とドラムについてひたすら研究!! 譜面と動画もアップしてます~~。

一部で人気(?)のあるリニアの記事ですが、

自分でリニアパターンを作る上で参考になればと思い、今回は「リニアパターンを作成する方法」です。

リニアとは音が重なることなく、「線(line)」のようにつながっていく、
ということから名づけられています。

多くのドラムのリズムパターンは音が重なることが多いですね。
とくにハイハットとバスドラは重なることが多いです。

単純に言えば、このハイハットとバスドラの重なりをなくせば、
簡単なビートもリニアパターンに早変わり!

でも、リニアパターンならではの面白さも欲しいので、
今回は以下のように作成してみました。

まず、譜面の1行目のように、
パラディドルをつかってパターンを作ります。
ありがちなファンク調のパターンです。

これはこれでいい感じのパターンですが、
ここから、バスドラを踏んでいる部分のハイハットをなくします。
それが2行目。

簡単にリニアパターンができました。
で、気持ちよくできるようになったら、
3、4行目のように、バスドラを左足のハイハットペダルに代えてみます。

と、こんな感じで発展させていきます。

あとは左足を踏む位置を変えてみるとか、
右手をカウベルやライドにするとか、
音色に変化を持たせてもいいし…
いろいろと試せます。
リニアパターン作成法


関連記事

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

コメント
この記事へのコメント
バンドでのドラム
初めまして。いつもこのブログを頼りにドラム精進している者です。

この記事とは全く関係ないですが、ドラムで悩んでいることがあるので書かせていただきます。

僕はドラムでルーディメンツなどの技術面にはあまり悩んでないんです。

僕が今とても悩んでいるのは、「バンドでグルーヴがでない」ということです。
簡単に言うと、ベースと合わない。
それでバンドの音圧をだすのに邪魔をしてしまっているんです。

そこで、「他の楽器と合わす訓練」のようなものはないでしょうか。
訓練でなくても、コツでも、日々の心がけ?でもなんでも良いです。

日本語不自由なので僕の思いが伝わっているかわかりませんが、
どうやったら「バンドとあわせられるドラマー」になることができるのでしょうか。
2010/06/06(日) 22:04:05 | と | #M6t3g1hE[ 編集]
Re: バンドでのドラム
「バンドとあわせられるドラマー」ですか。

僕自身、バンドマンでもあります。
Funk-a-diddleという強烈なファンクユニットで活動しています。
(早ければ年内にアルバムをリリースしますよ!)

技術的には申し分ないのに、なぜかバンドになると(アンサンブルになると)、いまいち…。
というふうに悩むドラマーさんは多いと思います。

ドラマーはやっぱりバンドの中にあってこそ、だと思います。

逆に質問ですが、「あわせる」ということを考えた場合に、なにを「合わせる」べきだと思いますか?

タイミングですか?
テンポですか?
音量ですか?

↑これらは確かに「合わせる」必要がありますが、
これらをきっちり合わせるために、必要なもの、
それは呼吸だと思います。

文字通り「呼吸」です。

かつて古いマーチングでは「笛とドラム」によるアンサンブルが行なわれていました。
マーチングは大抵「ロール」からスタートします。

このロールなんですが、7ストロークロールとかルーディメンツ的に決められた形はとって
いるものの、スピードが一定のテンポでなかったりするんです。

でもアンサンブルとしてしっかりしている。

なぜか?

それはテンポよりも「呼吸」を意識しているからなんです。

笛のロングノートと、ロールの長さがあっている。
笛の息継ぎに合わせて、ロールの長さを操っている。

それは笛の人が吹く際におこなう、吸ったりはいたりという呼吸と同じように、
ドラマーも呼吸しているからなんですね。

意識してみてください。

よく「みんなでクリックを聞いて、それにみんなが合わせて演奏すれば合うはずでしょ」
という意見もありますが、それだけではグルーブしません。
呼吸を見ていないからです。

専門学校で教えていた頃はアンサンブルのレッスンもしていましたので、
実際に見させてもらえればもっと具体的に対処できますが、
第1に気をつけなければならない点として、覚えてください。

また、自分のバンドだけではなく、
セッションなどにも積極的に参加して、実践で感じ取る訓練もいいですね。

このご質問については言いたいことが沢山あります。

よかったら個別にご連絡ください。
2010/06/06(日) 23:38:02 | kou-crispy | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://drumdrumdrum.blog49.fc2.com/tb.php/199-0df3dba1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック