drum!drum!drum!

音楽とドラムについてひたすら研究!! 譜面と動画もアップしてます~~。

オーナメントという言葉、聞き覚えのある方は結構いると思います。

そう、クリスマスツリーを飾る、あのオーナメントですね。つまり、「装飾」です。

オーナメントノートとは、要するに「装飾音符」のことですが、
ここでは単なるフラムとかドラッグといった装飾音符だけではなく、広く「装飾」について考えて見たいと思います。

装飾音符は「メイン」となる音符があって、その音を「飾る」ためにあります。

たとえば普通にリズムパターンをやっていて、譜例のように小節の頭でスネアを「バン!!」と叩いてブレイクしたい場合、よくあるドラマーの心情なら、その手前で何かフィルインを入れたくなりますよね。
ブレイク①


この入れたくなるフィルインが、ブレイクのスネアを飾る音符と考えられます。

たとえば、シンプルにこのまま叩いてみると…。

シンプルですが、あまりに唐突ですね。
しかし、逆に唐突な感じが良い、とされるかもしれません。
つまり余計な装飾ないらないんだ!というような潔さ、とも取れます。



つぎに、このようにすこしフィルインを入れます。
ブレイク②

ほどほどのフィルで、スネアのブレイクを引き立たせることができた…かな?


しかし、このようにしてみたらどうなるでしょう?
ブレイク③


こうなってくると、ブレイクのスネアの音だけでなく、その前のドラムのフレーズにまで、聴く人の意識を向けさせそうですね。

つまり、「オーナメントノート」のつもりが、主役のスネアを食ってしまっている状態になってしまった、とも言えそうですね。

曲によっては、そういったオーナメント的な部分が目立つようなプレイをしてもOKな場合もたくさんあります。


ただ、そこはプレイヤーのさじ加減と、作曲者の意向などを考慮しないといけません。

ブレイクすることによって、聴く人を「はっ」とさせたいのであれば、あまり長いフィルだとわざとらしかったりするので、短くシンプルにまとめたほうがいいかもしれませんね。

主役の音符と、それを引き立てる音符。
曲に取り組む際は、そんなふうに考えるとフレーズをまとめやすいかもしれません。

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!