FC2ブログ

drum!drum!drum!

音楽とドラムについてひたすら研究!! 譜面と動画もアップしてます~~。

「採譜のすすめ」実践編です。

譜面に書き取る作業は、まずはリズムパターンを書くことから始めるとよいと思います。

リズムパターンは繰り返し演奏されるので、
耳につきやすいし、書き取りが楽です。

とはいえ、普通のパターンではちょっとつまらないので、
少しだけひねりの効いたパターンでやってみましょう。

Tower of Power "Can't you see"です。

聞いたことのない人はYoutubeで検索してみてください。
ライブバージョンがいろいろ聞けますよ。

あるいは「Back To Oakland」というアルバムにスタジオバージョンが収録されているので、
それを聞いてみるのが一番いいと思います。

十代の頃、この曲を聞いて、思わずパターンを書き取ったのを覚えています。

cant you see

正解から先に書くと、このようになっています。

時々4拍目の手のパターンが変わることがありますが、基本はこれです。

こういったパターンを書き取るには、まずはどこに注意すればいいか。


まずは、「カウント」です。

曲を聴きながら、1.2.3.4、と確実にカウントすることです。

スネアのアクセントが、4拍目以外は変なとこに入っていますね。
2拍目と3拍目の16分音符の2番目に。

カウントしながら、それに気づくことがポイントですね。

それから、バスドラ。
これもカウントしながら、どこに入っているか見つけます。

繰り返し聞いていると、1小節目と2小節目で4拍目が違いますね。
そう、2小節目にはバスドラがありません。

さらに、1拍目のハイハットオープン。
これは自分が十代の頃に書いた譜面には、オープンしたハイハットがクローズするタイミングが書いてありませんでした。

これは16分音符のタイミングで、すぐにクローズしているんですね。

Youtubeで、この曲をカバーしている人の音源を聞いていると、
このクローズのタイミングを2拍目の頭にしている人がいました。

オリジナルは1拍目の16分音符4番目でクローズなんですね。


最後に、4拍目のスネアのゴーストが2発になっていますが、
「最後の1発だけでいいのでは」と音源を聞くと思ってしまいます。

スタジオバージョンではそうかもしれませんが、
今のDavid Garibaldiの演奏を見ると、2発になっているんですね。

こういった部分は、実際にビデオをみたり、ライブを見たりして確認しなければわからない部分です。




と、このように細部まで確認しながらパターンを採譜しますが、
ハイハットの微妙なアクセント、スネアのゴーストのバランス、パターン全体の感じ方など、
実際に譜面を元にプレイしてみて、音源と同じようになっているかどうかを確認していきます。

気づくことがあれば、自分にだけわかるように書き加えていく。
これは別に音楽記号をつかわなくてもいいでしょう。
「若干弱く」とか、「ちょっとハネている」とか「タメ気味で」とか、
耳で聞いて、叩いてみて感じたことを書いていく、ということが、「耳を鍛える」ということになっていくと思います。

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!