drum!drum!drum!

音楽とドラムについてひたすら研究!! 譜面と動画もアップしてます~~。

チェンジアップとチェンジダウン。

4分、8分、3連、16分、5連、6連、7連、32分の順にやりました。

むずかしいですね。


FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

BPM60でチェンジアップダウンを一緒に練習出来る動画をつくりました。
4小節ごとにチェンジしていきます。

5連や7連はふくんでいませんので、初心者の方でも取り組めるかと思います。

動画をみながら、一緒にやってみてください。



左右のスティックの高さを揃えるように意識しながら。
また、4小節後に変化する次の音符をイメージできるようにする練習ですので、
変化の際に乱れないように注意してください。

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!


最近読んだ誰かの記事で、

「芸術関係の技術の習得には向き不向きがあり、
どうあっても才能のある人には勝てない(いくら練習しても)」

というような内容のものを読みました。

たくさんの生徒さんを教えていて、上達の速度が早い人、遅い人、たしかにいました。
才能かなあ、と思うこともありましたが、
総じて上手くなる人は

ひたすら練習する人

です。

それも


コツコツ練習し続ける人

です。

もちろん才能がある人はいます。

ですが、才能があっても、


練習しなければ上手くはならない

のです。


ドラムという楽器は生涯通じて楽しめるものだと思います。

健康に注意して、毎日コツコツ練習することです。

唯一必要な才能があるとすれば、それは


練習する才能

ではないでしょうか。


加えて、


練習が楽しい

と思えれば、なおのこと良いですね。


「自分には才能がないから…」

とか

「この楽器は向いてないかも」

ではなく、


ドラムが好き、音楽が好き、
叩いていると楽しい!


これがあれば、あとは練習し続けるだけです。


きっと上手になります。


僕も凡人です。


ドラムが好きで好きで、
一日もドラムのことを忘れることなく続けてきました。

これからもこれが続いていくでしょう。

それが続く限り、上達し続けると思っています。












FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

今回はドラマーに限らず、楽器を演奏する上で4分音符の感覚、カウントを鍛える方法を紹介。

よく、カウントしながら演奏する、という練習をしていて、フレーズにカウントがつられてしまうということが
あると思います。

そう言う場合はだいたい、カウントしているタイミング以外のところにアクセントがあることが多いのではないでしょうか。

拍のウラにアクセントがあったり、16分音符の2番目や4番目だったり…。

そこで、ある一定のサイクルで拍のオモテとウラが行ったり来たりするフレーズを使って練習することをオススメします。

偶数(8分音符、16分音符)のパルスをキープしながら譜例のアクセントを叩き(アクセント部分だけ、手拍子でもよい)、口でカウントします。

count.png

このアクセントのサイクルは3つごとのグループ(タツツ、タツツ)でできています。
8分音符や16分音符の中で3つごとのグループを作ると、3小節でリピートすることになります。
(3拍でもリピートしますが、4拍子なので3小節分やったほうがいいです)

こういった練習をすると4分音符の位置がより明確になると思います。



FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

3連でシングルストローク〜ダブルストローク〜シングルパラディドル、と変化していきます。

ただし!アクセントは3連のアタマにかならず入れます。
聞いた感じは常に「かたかた」と聞こえるようにやるのが今回のポイント。
いやー、これがムズカシイ…。

動画では二回しそれをやって、最後のひと回しは4拍3連の位置にアクセントがくるようにしました。

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

第1回の基礎練習をふまえて、こんどはノーアクセントをすべてダブルストロークで埋めていきます。

動画では、1回目とおなじBPM70です。
もっとゆっくりでもいいし、もちろん慣れたら速くしてやるのもありです。

変化に対応するのが難しいので、最初はフレーズごとに確認する、というのも大事だと思います。
慣れたらつなげてアクセントの変化がわかるようにしていきます。

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

スティックコントロールの基礎練習をシリーズで書く予定です。

第一弾はシングルストロークのアクセント移動。
動画ではBPM70に合わせて16分音符をやっています。
最初はもっとゆっくり、4分音符や8分音符でやってみることもオススメします。

短い時間で収録したのでリピートはしませんでしたが、一つ一つ繰り返しやってみて確認することも大事です。

アクセントが増えてくると難しいですね…。

ゆっくり、じっくり練習ですね〜。


アクセント移動16分




ダブルストローク動画レッスン
値下げしました!!!
ダブルストローク動画レッスン


初めてのドラム
初めてのドラム


ドラムスクール開講中!
無料体験レッスンはこちら

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!