drum!drum!drum!

音楽とドラムについてひたすら研究!! 譜面と動画もアップしてます~~。

ダブルストロークはロールでばーっとたたくだけではなくて、
パラディドルでリズムパターンをやったり、ゴーストノートの一部としてつかったりすることもあるので、
バリエーションを覚えていく必要がでてきます。

シングルパラディドルをアクセント移動していけば、手っ取り早くダブルのバリエーションが身についていきますが、ここでは、譜面のようなリズムパターンを練習することによって身につけられる、というのを提案します。

JB風


・1拍目はノーアクセントのダブルですが、
つぎに2拍目のバックビートのアクセントがひかえているので、ダブルしながらもアップストロークしていかないといけません。
・2拍目のバックビートの直後にノーアクセントがあります。アクセントとノーアクセントという組み合わせのダブル。
・3拍目のおしりから、4拍目のバックビートにかけて、ノーアクセントとアクセントの組み合わせのダブル。アップストロークが鍵です。
・4拍目の最後もダブルですが、これは戻りの1拍目にアクセントショットは控えていないので、引き上げもせずに普通にダブルします。

また、2拍目のおしりにシングルのノーアクセント、3拍目の16分の2番めにシングルのアクセントがあります。
これはアップストローク、ダウンストロークの順番に叩きます。

いかがでしょう?
このパターンひとつで左手の練習がたくさんつまっています。
部分部分から初めてもいいかもしれません。

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!






さらに詳しく、ダブルストロークの全体像を知りたい方はこちらをご覧ください。


ドラムスクール開講中!
ルーディメンツの応用法がわかります。
無料体験レッスンはこちら


FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

youtube等でダブルストロークの解説をしている人はたくさんいます。

解説する方の中にはもちろんプロドラマーもいます。

説明の中で共通していることのひとつに、「1打目のリバウンド」という要素があります。
1打目で押さえつけずに、しっかりリバウンドさせることがダブルにおいては重要。

しかしながら、その際に大事なことを説明し忘れている方がいます。

それは、「1打目でスティックはリバウンドで返ってくるが、手首は返さない」ということ。

このことは以前僕がアップロードした動画でも見せている通りです。


僕の動画ではかなり大げさなくらい手首を下げて、スティックのみがリバウンドしている状態を作っています。
(ヒット時に起こるリバウンドによって指は開いている。が、手首は下を向いたまま、という状態)

ダブルストロークを解説しているみなさんは、当然みなダブルストロークができるはず。
ですがそういう人たちの解説動画の中には、1打目のリバウンドの際に一緒に手首も返してしまっている人がいます。
手首を返してしまう(=リバウンドと一緒に手首が上に動いてしまう状態)と、2打目を叩く際にもう一度手首を下に振り下ろさなければならなくなります。
そうなると、手首を2度上下させることになり、速度をあげていくことができません。


通常、ロールと呼べるくらいの速度で行うダブルストローク。
これをゆっくりにして解説する際に、このような誤りがよく起こってしまいます。
速度の速いダブルストロークを演奏するときに、自分のカラダとスティックがどう動いているのかをきちんと把握している人が説明しなければいけません。

わかっていても、人に説明する際についつい手首を返してしまうと、見る人に誤解を生んでしまいます。

個人レッスン等で、たくさんの生徒の動きを見ながら、どうしたらできるようになるかを研究している人なら、
こういった部分にはとくに気をつけて説明するはずです。


動画サイトからヒントを得て練習する人は多くいらっしゃるとおもいます。
したがって配信する我々も、できるだけ誤解の起こりにくい動画を作る必要があります。
不特定多数の人に説明するような、こういった動画は本当に難しいです。


※ちなみに、ダブルストロークの方法はこれだけではありません。


FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

前回RRLLの手順でのアクセントの入れ替えの練習をやったあとは、
下のような簡単な譜面を使って、音符部分をアクセントとして読み替える練習をやります。

8分音符でRRLLを叩き続け、譜面のオタマジャクシのタイミングをアクセントとして処理します。

basic reading

これが結構神経を使います。
つまり、練習になる、ということですね(笑)。

動画では2回繰り返しています。

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

RRLLを叩き続けながら、アクセントを入れ替える練習です。

単なるダブルストロークではなく、まずは一打目のほうにアクセント、二打目を小さく。
そのあとは一打目を小さく、二打目をアクセントにします。

今回は単純に繰り返しましたが、組み合わせて練習すると難しくなります。

同じ二打でも、アクセントの付け方で力加減や手首の使い方が変わります。
そのチェンジが難しいんですね。

動画くらいのゆっくりな速度でも充分練習になります。
もっとゆっくりでもよいです。
ダブルストロークの精度を上げる練習にもなると思います。

是非お試しを。



ダブルストローク動画レッスン
値下げしました!!!
ダブルストローク動画レッスン


初めてのドラム
初めてのドラム


ドラムスクール開講中!
無料体験レッスンはこちら

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

以前も、RRLLという手順で
ダブルストローク以外に、ワンハンドのシングルドラッグ、スイスアーミーができるという記事を書きましたが、
もう一つ、同じ手順のものがあります。

フラムです。

最初にフラムを叩き、そのあとダブル、シングルドラッグ、スイスアーミーとやって、
その後、元に戻っていきます。

手順そのままで音符だけをコントロールする練習ですね。



加えて、脱力を覚える訓練にもなります。


ダブルストローク動画レッスン
値下げしました!!!
ダブルストローク動画レッスン


初めてのドラム
初めてのドラム


ドラムスクール開講中!
無料体験レッスンはこちら

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

手順(単純な手の順番という意味)は同じなのに、
ルーディメント名は違う、というものをまとめてしまう練習です。

これは前も「ルーディメンツのまとめ方」ということで記事を書いたのですが、
リニューアル版ということで。

まずダブルストロークの「RRLL」という手順をつかって、音符のみ変化させます。
最初は普通にダブル、その次にシングルドラッグのワンハンドバージョン、
最後にスイスアーミートリプレットに移ります。

その後、またシングルドラッグ⇒ダブルと戻ります。

ダブル、ドラッグ、スイスアーミー1


次も同様にダブルからですが、最初のダブルの手順が
「RLLR」となっています。

ダブル、ドラッグ、スイスアーミー2

どちらもRRLL、あるいはRLLRという手順を変えずに、
音符だけを変化させる、という練習です。
音符のコントロールの練習ですね。

加えて複数のルーディメンツをまとめて練習するのにもよいですね。

ぜひお試しを。




ダブルストローク動画レッスン
値下げしました!!!
ダブルストローク動画レッスン


初めてのドラム
初めてのドラム


ドラムスクール開講中!
無料体験レッスンはこちら


FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

☆去年の暮れから販売している「ダブルストロークレッスン動画」ですが、
クレジットカードでの購入にも対応できるようになりました。

ダブルストロークの方法について、
ここまでこれでもかと説明している教材はなかなかないのではないかと。
「そもそもダブルストロークはどうやってやったらいいんだ?」そんな方にオススメです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
値下げいたしました。
ダブルストローク動画レッスン
ダブルストローク動画レッスン




☆また、ビギナー向けのドラム講座「初めてのドラム」も同様に
クレジットカード購入が可能となってます。

これはドラムをこれから始めたい方が、
8ビートを理解し、フィルインやいろいろなバリエーションにチャレンジし、
初心者を脱するための動画&譜面&テキストです。
8ビートというものはすごくシンプルにできています。
動画とテキストの連動により、そのシンプルな構造を解き明かしていきます。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓
初めてのドラム
初めてのドラム

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!