drum!drum!drum!

音楽とドラムについてひたすら研究!! 譜面と動画もアップしてます~~。

連続してバスドラを踏む方法の一つとして、ダウンアップ(アップダウン)があります。

以前もこのブログで説明しましたが、ひさびさに再度動画を作りました。

導入として、最初はペダルそれぞれが持つ、固有の「速さ」に注目すると良いです。

一度踏んでみて、足を「ぱっ」と離す。

すると、ペダルが行ったり来たりしますね。
そのときの速度が、そのペダルのもっている「速さ」です。

つまり、その速度にあわせて、足を沿わせるように動かせば、
非常に少ない力で踏むことが可能です。

まずはここから初めて、楽に踏む方法を見つけてみてはいかがでしょう?

ここではダウンアップで説明しましたが、ヒールアップで踏み続ける場合や、
ヒールダウンの場合も、同じようにこのペダルがもともと持つ「速さ」に合わせて練習してみることをオススメします。

加えて、動画をみればわかりますが、最初は打面に「当てず」に動かしてみる、ということがかなり効果的です。

寸止めですね(笑)

得てしてダブルが速く踏めないとか、すぐ疲れてしまう場合は、
打面に向かって1打1打踏み込みすぎてしまっていることがよくあります。

それを直すにはこの「寸止め」がよい練習ではないかと思っています。






ダブルストローク動画レッスン
値下げしました!!!
ダブルストローク動画レッスン


初めてのドラム
初めてのドラム

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

バスドラでダブルを踏む場合、僕は大抵アップから入ります。

これは単なるクセみたいなもので、ダウンから入ってもまったく問題なく、それで速く踏める人も多いです。

僕の場合は、踏み終わりが足を落としていく奏法であるダウンで解決できたほうが感覚的に気持ちよい。ただそれだけです。

しかしもちろんダウンからスタートしたほうが断然やりやすいパターンもあります。

その一つにツーバス等でやるドコドコパターンがあります。

例えば右手だけで16分音符をやるときは
ダウン・アップ・ダウン・アップ~
とダウンからやりますよね。
それと同じです。

拍のアタマを常にダウンにする事で、ビートが安定しやすくなります。



スティーブ・ガッドがこういう動きをとても美しくやりますね~。
 

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!