FC2ブログ

drum!drum!drum!

音楽とドラムについてひたすら研究!! 譜面と動画もアップしてます~~。

linearmotif1.gif


↑このパターンをモチーフにリニアをいくつか作ってきました。

もうちょっと作ってみましたのでごらんください。

一拍目は右手と右足が同時に鳴るのでリニアではないですが、
残りはリニアです。
ここでは2拍目のスネアで
ノーアクセント→アクセントというふうに叩いてみたいな~と
思って作ってみました。↓

linear2.2.gif


そして、後半部分を変化させます。↓

linear2.3.gif

linear2.4.gif

てなかんじで。


このモチーフでもうちょっとだけ作ったパターンがあるので、
また今度アップします~~。

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

10/24に作成したリニアパターンの動画です。
譜面はこちらを参照してくださいな。↓
http://drumdrumdrum.blog49.fc2.com/blog-date-20061024.html


FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

10/13にやったリニアパターンのバリエーションです。

それぞれの小節を適当に繰り返してます。

完全なリニアではなく、重なって叩いている箇所もありますが、
あえて重ねています。

最初は完全リニアで考えてから、重なったら面白いかも、
と思うところがあったら、リニアにこだわらずにドンドン加えていくのもいいと思います。

相変わらず動画はシンバル系の音をちゃんと拾ってくれない…。
ヘッドホンで聴くと聞き取れるかも。
実際は結構ハイハットは13インチの切れのいい音なんですよ~(泣)
linearidea1.1.gif



youtube版です。↓

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

リニア・ドラミングのコンセプトを使ったパターンを作る方法は
色々あると思いますが、その中の一つの例として、
こんなのを作ってみました。

まず、こんな感じでバスドラとスネアが入る、というのをベースにして
考えます。↓

linearmotif1.gif


普通はこれに右手を8分音符などにしてパターンを完成させますが、
リニアということで、バスドラとスネアに重ならないように作ってみます。
その際、右手だけでなく、左手のゴーストノートも使ってみます。
すると、こんなのが出来ました。↓

linearmotif2.gif

で、今度はコレをモチーフにして変化させていきます。

一拍目をダブルにしてみました。
linearmotif3.gif

次に3拍目の最後の右手をライドのカップかスプラッシュのような
サスティーンの短いものを叩きます。↓
linearmotif4.gif


で、次は一拍目のダブルをやめて、代わりに三拍目に持っていきます。
ライドのカップを叩くタイミングは同じです。↓
linearmotif5.gif


いかがでしょ?
こんな風に譜面上で遊んでみると、ちょっといじるだけで
面白いパターンが出来てきそうですね。

右手はランダムにタムなどに移動しても面白いと思います。

バスドラとスネアのアクセントのタイミングが一貫しているので、
最初はシンプルにプレイして(リニアではなく)、
軽いフィルとして、あるいはBメロに移ったと仮定して、
このようなリニアパターンを使ってみると面白いかも。

次回、さらに続きます!!!!

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

今日はリニアパターン。

「リニア」とは「Line(線)」から来ていて、
音が重ならないで、一筆書きのようにつながっているフレーズのことを
言います。

例えば普通に8ビートを叩く際、
バスドラとハイハット、スネアとハイハットが同時に叩かれますが、
これはリニアではない、といえます。
バスドラとスネアのところのハイハットを抜いて演奏すれば、
リニアパターンとなるわけです。

この考え方を使ってパターンを作ると、結構楽しいのです~。

実際は全て重なってはいけないなんてことはなく、
場合に応じて重なったほうがカッコイイときは重ねたほうがいいでしょう。

コンセプトとして、リニアの考え方をつかってフレーズを作っていけばいいわけです。

リニアはパターン作りとしても、フィルなどのフレーズ作りとしても
非常に自由にアイディアを広げていけるものです。

昔「ゲイリー・チェイフィー」という人がリニアドラミングのコンセプトをまとめた本を書きましたが、かなり使える本でした。

今日はとりあえず昔作ったリニアパターンを一つ叩いてみました。

linearidea1.gif



FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!