drum!drum!drum!

音楽とドラムについてひたすら研究!! 譜面と動画もアップしてます~~。

さて、アクセントの位置にバスドラを持ってくる練習が
スムーズにできたら、次は、

手のアクセントを抜いてみる。

要するにバスドラが、手のアクセントの代わりをするわけです。

アクセント移動の練習では、手順は常に

RLRL RLRL RLRL RLRL

でした。

この流れを崩さずに、アクセントの箇所だけ手を抜いてみると、
例えばアタマのアクセントでは

・LRL・LRL・LRL・LRL

となります。

イメージとしては常にRLRLRLRLRLRLRLRL~という風に歌っておくと
いいと思います。
accent5.gif


そしてこの練習になれたら、タムでも同様にやります(譜面・動画はなし)。

タム移動もスムーズにできたら、
自由に組み合わせてみます。

一小節のフィルを2回、このアイディアを使って叩いてみました。
 

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

遅ればせながら、前回のアクセント移動の譜面の動画です。

①スネアのみでアクセント移動(バスドラ4分ハイハット2・4拍)
②アクセント部分をフロアとタムに移動(足は①と同様)
③アクセントとバスドラをシンクロ(ハイハット4分)
④③の状態でアクセントをシンバルに(ハイハット4分)



極基本的な練習ですが、ハイハットなりバスドラなりで
しっかりと4分を感じ取る練習を一緒に行なっておくと、
安定感を養えると思います。
特に③と④は左足のキープを頑張る。

これが出来るようになるとフィルを演奏するときも
4分を体で感じながら出来るので、
フィル後の「ハシリ・モタリ」の解消にも一役買うんではないでしょうか。

ちなみに、左手でシンバルを叩くときに右足と上手くシンクロできない
という場合の練習にもなると思います~。

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

フレーズ作りや、ドラムセットでの手足の自由度を高める為の
練習方法として、「アクセント移動を発展させる」、という
観点から考察します。

16分音符でシングルストロークを叩きながら、
普通はこのようなアクセント練習をすると思います。↓
accent1.gif


手だけでなく、足も4分音符でキープしておくと
安定感を養う訓練になるのでは。
左足は2拍4拍で。

ドラムセットで練習するなら、せっかくなので
タムに移動。右手はフロア、左手はタムに移動します。
タムからスネアに戻るときに
スネアの音が大きくならないように注意します。↓
accent2.gif


次にアクセントに合わせてバスドラを踏む練習です。
左足のハイハットは4分音符にして、右足が手のアクセントに
合わせて移動します。
タム移動までは出来ても、バスドラがくっついてくると、
左足とのコンビネーションが難しいかも。

特に2番目と4番目。

最初は足だけで練習してもいいかも。
慣れたら手をつけてみる。↓
accent3.gif


スネアのアクセントとバスドラがぴったり重なって叩けるように
なったら、次はそのまま手を移動してみる。
シンバルに移動。↓
accent4.gif


このようにまずは手と足のタイミングをぴったり揃える練習から
やって、徐々にタムやシンバルに移動させていくのが
セオリーだと思います。

次回はこれをさらに推し進めていきたいと思います。

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!