drum!drum!drum!

音楽とドラムについてひたすら研究!! 譜面と動画もアップしてます~~。

vお知らせ
 *レッスン生募集のお知らせ
都内杉並区(最寄は丸の内線方南町駅)にてドラム教室を行なっています。
詳しくはこちらの記事をお読みください。
ルーディメンツの動画データベースが完成しました。.こちらをごらんください。
画像がすこし荒かったので、現在撮り直して再度アップしています。
ちょっとした小ネタです。

右のスティックで、ハイハットとスネアを同時に叩くだけ。
左手でウラを叩いて「ザカザカ」と言った感じを出しています。

それだけの、小ネタでした。


FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

現在は個人レッスンのみ行っております。(通信レッスンは一旦募集をストップいたしました。)

ドラム教室のHPがリニューアルしましたのでこちらもご覧ください。
Crisp Drum School


<個人レッスン>

各生徒さんのレベルや目標に応じてカリキュラムをつくっていきます。
初心者の方はごく基本的なことから順を追って指導します。
上級者の方は弱点の克服やさらなるチャレンジとなるような課題など、
希望をお聞きしながら進めます。
とにかく体系的にドラミングを学びたいという方も、専門学校に毎日通っても3~4年分くらいの
カリキュラムはありますので飽きることはありません。

【レッスン可能時間帯】

11時~20:30(21:30終了まで)
曜日はご相談下さい。
 


<レッスン概要>
レッスン概要



<レッスン会場>

杉並区和泉4丁目 自宅レッスン室にて。
最寄り駅は丸の内線の方南町駅です(徒歩6分ほど)。
RolandのTD-20のフルセットを使用します。

s-画像 002


なんだ、生のドラムじゃないのか…と感じるかもしれません。
しかしVdrumの感触、演奏感は非常にリアルです。
私自身、生のドラムしか叩いていなかったのですが、レッスン用に購入したところ、
違和感なく使用できました。タイミングという点ではシビアに反応するため、
レッスンやシミュレーションにはとても合っているとおもいます。
また、レッスンでは口で説明をする必要などもあります。
生のドラムでは音量が大きいため、一旦演奏を止めて話をする必要がありましたが、
Vdrumを使えば、演奏をしながら説明を聞き取ることもできるので、
レッスン時間を無駄なく使うことができます。
また、音源と合わせて練習する際も、音源と自分の演奏がクリアに聞き取れるというメリットもあります。

<個人レッスン料金>
個人レッスン 1回4000円(60分) 例:月3回なら4000×3=12000円
       (月にひとコマだけのレッスンの場合のみ、5000円)

個人レッスンは、無料の体験レッスンがあります。
どんなレッスンなのかな~とか、1度だけでもレッスンを受けてみたい方、
気軽に連絡してください。
左の「体験レッスンお問合せメール」からどうぞ♪


興味を持たれた方、レッスンを受けてみたい方、質問のある方は

・コメント欄に「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れてメールアドレスを明記の上ご連絡いただくか、
・このブログの左側にある「体験レッスンお問合わせメール♪」からご連絡いただくか(これが一番カンタンですね)、
・koucrispy☆gmail.com宛てにご連絡ください。
(☆を@に変えてください)






FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

9個のグループで出来た手順を16分と6連で演奏しています。
コンビネーションのチェンジアップで、最近個人的にも好きな練習です。

手順は
RKLRLLKRLで、
16分で演奏すると2小節やってもスッキリ終わらないので、2小節目の4拍目は
KLRL
としています。

3小節目からは6連で。

手順のみを押さえれば、あとはどこを叩いてもいいので、
動画のような移動でなくても良いと思います。

フレーズ作りのヒントになれば幸いです。

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

9つ割りというと、6連フレーズに使うと1拍半なので理解しやすいのですが、
16分に当てはめると、「2拍と16分音符1個分」という、とてもわかりにくい(笑)フレーズになります。

ですが、あえて作ってみました。

2小節フレーズとして叩いているので、
合計で16分音符が32個必要です。

9個でグルーピングすると
9✕3=27個で、5個余ります。

同じ9個グループを3回叩いて、5個分なにかをたたいて解決、としました。

4つフレーズを叩いていますが、すべてこのコンセプトです。

こういうのも、拍の感覚がしっかりしていないといけないので、
カウントする良い練習に鳴るかと思います。

参考になれば幸いです。


FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

ちょっとややこしい練習です。
パラディドルディドル(RLRRLL)に足を一つ加えると7つのグループになります。
それをループさせると、16分でやるとどんどんループのアタマがずれていきます。

が、ハイハットをキープして、自分はしっかり4分をイメージする、というのがこの練習のキモです。

7diddle16.png

二回目のパラディドルディドルには左手にアクセントが入るので、
正確には14個割りといったほうがいいのでしょうか。



さらに3連にも同じ手順をはめ込んでみます。
動画を見ると、スタートした時点で耳が騙されてしまうかもしれませんが、まぎれもなく3連符です。

7diddle3.png

これまたどんどんずれていきます。

これもとにかくハイハットの4分をキープです。

慣れるとどこからでもスタートできるし、拍を見失うことがなくなります。
フレーズの練習が、タイムを鍛える練習にもなる例として、参考になればと思います。




FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

リズムパターンは

RLRRLRL RLRRLRL RL
の手順で、7つのグループ(RLRRLRL)を二回で14個、残り2つをRLというふうに叩いています。

フィルインは3小節目4拍目から食い込むように入っています。

パターンの最後の「RL」を起点として、
5つグループのスティッキング(RLRLL)を叩いてから、
さらに2回5つグループのコンビネーションをたたき、
最後に余った3音を(足RL)としています。

つまり、3,4小節目のグルーピングは775553となっています。

だいたいこんな感じの譜面です。
途中ちがうフィルもやっていますが、コンセプトは同じです。

775553.png




FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

10個割りのコンビネーションフレーズです。

RLL足足RLRL足

で、10個。

3回繰り返すと30個なので、のこり2個を

RL

と叩いて完成です。

うまく拍を取れるようになってくると、意外と気持ち良いものです。

参考になれば幸いです。

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

シングルパラディドルとダブルパラディドルを使って10個割りのパターンを作りました。

シングルパラディドルの

RLRR



ダブルパラディドルの

LRLRLL

を足して10個。

アクセントは

RLRRLRLRLL

赤い文字がアクセントです。

10個のグループを16ビートにはめて、3回繰り返すと30個なので、あと2音(RL)と叩いて2小節のパターンの完成です。

ちょっとくずれたリズムパターンで、かっこいいかも?

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!