FC2ブログ

drum!drum!drum!

音楽とドラムについてひたすら研究!! 譜面と動画もアップしてます~~。

vお知らせ
 *レッスン生募集のお知らせ
都内杉並区(最寄は丸の内線方南町駅)にてドラム教室を行なっています。
詳しくはこちらの記事をお読みください。
ルーディメンツの動画データベースが完成しました。.こちらをごらんください。
画像がすこし荒かったので、現在撮り直して再度アップしています。
現在は個人レッスンのみ行っております。(通信レッスンは一旦募集をストップいたしました。)

ドラム教室のHPがリニューアルしましたのでこちらもご覧ください。
Crisp Drum School


<個人レッスン>

各生徒さんのレベルや目標に応じてカリキュラムをつくっていきます。
初心者の方はごく基本的なことから順を追って指導します。
上級者の方は弱点の克服やさらなるチャレンジとなるような課題など、
希望をお聞きしながら進めます。
とにかく体系的にドラミングを学びたいという方も、専門学校に毎日通っても3~4年分くらいの
カリキュラムはありますので飽きることはありません。

【レッスン可能時間帯】

11時~20:30(21:30終了まで)
曜日はご相談下さい。
 


<レッスン概要>
レッスン概要



<レッスン会場>

杉並区和泉4丁目 自宅レッスン室にて。
最寄り駅は丸の内線の方南町駅です(徒歩6分ほど)。
RolandのTD-20のフルセットを使用します。

s-画像 002


なんだ、生のドラムじゃないのか…と感じるかもしれません。
しかしVdrumの感触、演奏感は非常にリアルです。
私自身、生のドラムしか叩いていなかったのですが、レッスン用に購入したところ、
違和感なく使用できました。タイミングという点ではシビアに反応するため、
レッスンやシミュレーションにはとても合っているとおもいます。
また、レッスンでは口で説明をする必要などもあります。
生のドラムでは音量が大きいため、一旦演奏を止めて話をする必要がありましたが、
Vdrumを使えば、演奏をしながら説明を聞き取ることもできるので、
レッスン時間を無駄なく使うことができます。
また、音源と合わせて練習する際も、音源と自分の演奏がクリアに聞き取れるというメリットもあります。

<個人レッスン料金>
個人レッスン 1回4000円(60分) 例:月3回なら4000×3=12000円
       (月にひとコマだけのレッスンの場合のみ、5000円)

個人レッスンは、無料の体験レッスンがあります。
どんなレッスンなのかな~とか、1度だけでもレッスンを受けてみたい方、
気軽に連絡してください。
左の「体験レッスンお問合せメール」からどうぞ♪


興味を持たれた方、レッスンを受けてみたい方、質問のある方は

・コメント欄に「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れてメールアドレスを明記の上ご連絡いただくか、
・このブログの左側にある「体験レッスンお問合わせメール♪」からご連絡いただくか(これが一番カンタンですね)、
・koucrispy☆gmail.com宛てにご連絡ください。
(☆を@に変えてください)






FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

Tower Of Power のOakland Stroke を一曲分、ドラムのみです。

2分と短い曲なのですが、集中力が必要な曲ですね。

手順が複雑なパターンは、変な力が入ってしまうとグルーヴがどこかにいってしまうので、
ほどよくリラックスしながら流れに任せられるように繰り返し練習する必要があります。

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

何度かとりあげていますが、また叩いてみました。

ダブルストロークからスイスアーミー、シングルドラッグ(一方通行)、そしてフラムの変化です。


FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

前回は2000年のライブバージョンでしたが、
今回はIn The Slotに収録されているスタジオバージョンです。

リズムパターンの手順が若干異なります。
が、聞いた感じは同じですね。

この少しの違いをわざわざやる必要はありません、普通は。

マニアックな追究をしているだけなので、余り気にしないでくださいね(笑)。



ところで、2018年1月21日の日曜日、

吉祥寺のマンダラ2というライブハウスで、Tower Of Powerのトリビュートライブをやることになりました。

また詳細を告知しますが、ホーンセクションを入れたメンバーでお送りします。

楽しいこと請け合いですので、興味を持たれた方は是非起こしください。

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

またまた、大好きなTower Of Power。
On The Serious Sideを叩いてみました。

リズムパターンが3種類出てきますが、どれも変。

1拍目がスネアからスタートする、この奇妙なパターン。
でもしっかりFunk なんですよね。

James BrownはOneが大事だと言った話はとても有名ですが、
JBのFunkの特徴はそのループ感にあると思います。

ループ感があれば、聞き手はOneを掴み損ねても気持ちよく聞いていられる。
違うところにOneがあるように聞こえてしまっても、そこからループして聞いていれば別によいのです。

Tower Of Powerももちろん、そのJBの流れを組むバンドであり、
リズムパターンがなんであれ、
ループ感さえあれば聞き手はついてきてくれると思ってこういったグルーヴを作っているんだと思います。

2,4拍にスネアがなくてもいいのです。
聞き手が勘違いで違うところをOneと捉えてもいいのです。

好きに聞いてみてください。

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

Tower Of PowerにDavid Garibaldiが復帰して最初にスタジオレコーディングされた「Oakland Zone」は、
捨て曲なしの最高のアルバム。

発売されてすぐ購入し、「うわーコピーしたい!」と真っ先に思ったのがこの「Page One」という曲。
すぐに譜面を書き、その日のうちにリズムパターンを練習したのを覚えています。

「In The Slot」というアルバムの「On The Serious Side」にも通じるようなキテレツなリズムパターン。
でもしっかりグルーヴしているというガリバルディの特徴がよく出ている曲だと思います。

ドラムだけではなく、ベース、ギター、ホーン、ボーカルが全体でこの曲のリズムを作っています。

動画はスピーカーで流した音源に合わせて叩いたので音源がちょっと小さいですが…。
お耳汚しにどうぞ…!!

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

Tower Of Power のSoul Vaccination、
スタジオバージョンとライブバージョン(1998)をそれぞれ意識して演奏しました。

ドラムのみです。

大好きな曲です。

FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!

前回同様、同じ手順のコンビネーションを16分から3連へチェンジダウンしました。

今回も7つわりやら、5つわりのフレーズが混ざっていますが、
カウントの感覚を忘れず、気持ちよく流れるように演奏するのが目標です。


FC2ブログランキング ←さて、今の順位は?ぽちっとしてみてください!!